テレクラ歴20年、三宮リンリンハウス一番の思い出

40代男性です。主に関西のテレクラで遊んでいます。
テレクラ歴はもう20年以上になります。

 

最近は確かにテレクラの数も減少し、出会い系サイトに押されまくっている感がありますね。
しかしながらテレクラの良さはやはり女性と直接話すことができ、その会話の中から相手の性格やコールの目的等、つかめる点にあります。

 

そのような意味でいまだにテレクラに行くことがあります。

 

一昔前はテレクラは非常に高い確立で素人をゲットすることができました。
その頃のお話ですが、一番印象に残った女性のことを話したいと思います。

 

女性の年齢は20代半ばで、自宅からのコールでした。
最初は他愛のない話をしていましたが、途中から女性が『実は・・・』ということで願望を話し始めました。

 

『レディースコミックに出ているような、行きずりでの体験をしてみたい・・・』とのことでした。

 

こちらにとっては願ってもないことですが、ここで焦ってはせっかくの獲物を取り逃がしてしまう、と思い努めて紳士的に振る舞います。

 

何とか待ち合わせをすることになり、待ち合わせ場所の三宮に行きます。
もちろん途中で『冷やかしかも・・・』という不安はありましたが、そういうことに臆しているようでは良い獲物は得られませんのでその不安を振り切ります。

 

三宮に到着し待ち合わせ場所に行くと、細身で目の大きい子がいるじゃないですか!
こちらの心拍数と期待度は一気に上昇です。

 

お互いの緊張を解くために、食事とお酒を昼からですが飲みます。
私の常套手段ではありますが・・・

 

彼女がほろ酔いになってきた時点で店を出てホテルへ直行。
部屋に入ってからも彼女の緊張はなかなか解けませんでしたが、少しずつ優しく脱がせ、全裸に(こちらはまだ着衣のまま)。

 

そのまま足を開かせ、キレイなおまんこをしばらく目で堪能します。
彼女は恥ずかしいのか、目を合わせようとはしませんでしたが、あそこは少しずつ潤んできます。

 

そのままの状態でこちらはズボンを降ろし、怒張したジュニアを彼女の口元に持って行きます。
彼女は緊張しながらも、ジュニアに手を伸ばし、目を閉じたまま口に含みます。

 

次第にこちらが我慢できなくなり、生で挿入です。
潤ったおまんこに受け入れ、彼女の口から大きく声が出ます。
最初の1発は彼女の口元に発射。そのまま彼女の口でお掃除です。

 

当時私は30代半ばでしたので、まだまだいけます。
結局夕方までの約5時間、合計4発、彼女の新鮮な身体を堪能しました。
2発目からは彼女の中に精液を流し込みました。

 

生中は初めてだったようですが、腰が立たなくなるくらいのセックスは彼女に強烈な印象を与えたようです。

 

彼女は彼氏はいたらしいのですが、その後約1年セックスパートナーとしてお付き合いし、 そのたびに空になるまで精液を彼女に叩きつけました。

 

彼女が結婚することになり関係は消滅しましたが、素晴らしい思い出です。

 

そのような出会いがまたあればいいな、と思い今もテレクラに行っています。